金網専門販売サイト:金網屋どっとネット

kanaami/mesh

各種金網製品の300超の画像、詳細情報、加工・施工事例、技術情報を網羅した、国内最大規模の金網販売用Webカタログ。

溶接金網の表と裏の違い

溶接金網(WM)は、縦線と横線を重ねてスポット溶接された商品です。よって縦線・横線をある一定
方向からどちらを前面に見せるかを統一しなければ、溶接金網(WM)がそろいません。
ただ、四角形(正方形・長方形)で突き出しが均等の場合は、施工時に裏返せば問題ありませんが
階段部の手摺用などに御使用される、平行四辺形のような形の場合、切断時に、表裏が決まってし
まいますので御注意ください。(四角形も突き出しが不均等あれば表裏が発生します)
また、上記は溶接金網(WM)の網目が、正方形を前提としていますが網目が長方形の場合、切断す
る形状が四角形(正方形・長方形)でも表裏が出てきますので、ご注意ください。

溶接金網イメ-ジ図と表裏

下記溶接金網イメ-ジ図の説明

P  =      線と線の中心間のセンタ-ピッチです。
        溶接金網の表記は、このセンタ-ピッチとなります。(単位=mm)

CP~端 = 線のセンタ-から突き出し部の端までの寸法。

突出   =  線材の端から突出し端までの寸法。完全な突出無しにはできません。

本図は縦線が上にくる場合を表として描いています。突出寸法が上下左右まちまちになる場合や
斜めにカットする場合は、表裏の違いが出ますので、ご注意ください。

溶接金網イメ-ジ図 (作図:稲田肇)
溶接金網イメ-ジ図 (作図:稲田肇)



金網屋どっとネット mail@kanaamiya.net   運営:稲田金網株式会社 eigyoubu@inadakanaami.jp
〒542-0063 大阪市中央区東平2丁目3番12号  TEL 06-6763-1201(代) FAX 06-6763-1204
.