金網専門販売サイト:金網屋どっとネット

kanaami/mesh

各種金網製品の300超の画像、詳細情報、加工・施工事例、技術情報を網羅した、国内最大規模の金網販売用Webカタログ。

日本で一番古い金網?

日本において金網がいつ頃から造られたかは実際には不明であるが、金網が使用されて残存している
ものとしては、大坂夏の陣の頃、1615年(元和元年)に建てられた大阪府羽曳野市にある吉村邸(重要
文化財)の納屋の窓に銅製の亀甲金網が使われ、これが最も古いのではないかとされています。
(線材製品協会『線材製品読本』)

その他、日本の美術工芸史上、天下太平が浸透した江戸期に本来の機能性から飛躍した武士の甲冑に
亀甲金網が見られたりと、約300年前位より金網の存在が確認できます。

当時としては銅(金、銀も含め)を中心とした柔らかい金属を槌などで叩きのばして線をつくり、手製で編ん
でいたようです。



金網屋どっとネット mail@kanaamiya.net   運営:稲田金網株式会社 eigyoubu@inadakanaami.jp
〒542-0063 大阪市中央区東平2丁目3番12号  TEL 06-6763-1201(代) FAX 06-6763-1204
.