金網専門販売サイト:金網屋どっとネット

kanaami/mesh

各種金網製品の300超の画像、詳細情報、加工・施工事例、技術情報を網羅した、国内最大規模の金網販売用Webカタログ。

金網の網目呼称及び表記『寸目(すんめ)』

金網の網目の大きさを表す呼称で『寸目(すんめ)』という言い方があります。最近ではこの様な言い方は
少なくなりましたが、古い表記のしかたで、真鍮・銅・亜鉛引の平織金網等、網幅が910mm幅(3尺幅)等、尺や寸の寸法表記が残っている物について、呼称される場合があります。mesh(メッシュ)は1インチ
(25.4mm)に対しての網目の数をさすのに対し、寸目(すんめ)は1寸(30.3mm)に対しての網目の数を
さします。

上記を対比すると、25.4:30.3で、インチに対し寸目は、1.192倍なので約1.2倍となりますので、例
えば、100meshの金網は、120目になります。現在は、ほとんど商品がメートル法で換算された表記
になっていますが、一部昔の尺貫法での表記が残っており、時々私共も戸惑います。

以下、尺貫法とメートル法の数値を記載します。
1尺 = 303mm
1寸 = 30.3mm
1分 = 3.03mm
1厘 = 0.303mm

昔、「真鍮の1分五厘の金網を3尺幅で5m」という注文を頂いて、何の単位なのかさっぱり解らなかった
事を思い出します。ちなみに上記のオーダーは、3.03mm × 1.5 = 4.54 なので、4.5mmの開き目
の金網真鍮平織金網 0.7X5mesh(開目 4.38mm) 910幅×5mという意味でした。現在でも継続品等で、上記のように呼称される事がたまにあります。



金網屋どっとネット mail@kanaamiya.net   運営:稲田金網株式会社 eigyoubu@inadakanaami.jp
〒542-0063 大阪市中央区東平2丁目3番12号  TEL 06-6763-1201(代) FAX 06-6763-1204
.